スタッフ紹介

yokoyama

横山 博昭(窪田電気工事株式会社
取締役会長)

Hiroaki Yokoyama

【出身】
宮城県丸森町

【趣味】
ゴルフ、美味しい日本酒を嗜むこと

55年の歴史ある「阿武隈川舟下り」の廃止を惜しみ、地元丸森を愛する仲間とともに存続を決意し、令和2年12月より「丸森町観光物産振興公社」の理事長に就任。「阿武隈川舟下り」をリニューアルオープンに伴い、新たに「リバーアクティビティ」を導入することで、丸森町の更なる地域活性化・交流人口の拡大を図る。窪田電気工事㈱に昭和44年入社以来、52年~同社一筋。平成8年~令和元年6月まで代表取締役を勤め、令和元年7月から取締役会長~現在に至る。

kasukabe

春日部 泰昭(株式会社 春日部組 代表取締役)

Yasuaki Kasukabe

【出身】
宮城県丸森町

【趣味】
ゴルフ・旅行(若い頃:スキューバダイビング・スキー・器楽演奏)

創業90年となる(株)春日部組代表取締役、48年に亘り一貫して土木・建築の施工に従事。舟下りが中止されるという話を聞き、55年続いた丸森のシンボルを絶やしてはいけないという思いから、仲間とともに継続を決意する。子供から大人、高齢者まで楽しめる施設創りを目指して、リバーアクティビティー、食堂、売店の充実を計画している。

nemoto

根元 孝夫(株式会社 横塚製作所
代表取締役)

Takao Nemoto

【出身】
宮城県丸森町

【資格】
ゴルフ・釣り・家庭菜園

大都会の生活にあこがれ、若かりし頃は数年間を東京で勤務。しかし、勤務先企業が第二次オイルショックに直撃し、予定されていた地方進出計画は白紙となる。これがきっかけとなって地元 丸森へUターンし、その後数社の仕事を経験し現在は製造会社を経営。ゴルフと釣りそして家庭菜園をこよなく愛し、縁あって公社の理事に就任。「明るく、楽しく、元気よく!」がモットー。

futomi

太見 洋介(インストラクター)

Yosuke Futomi

【出身】
福島県

【資格】
2級船舶免許・水上バイク・クレーン・玉掛けなど、リバー・アクティビティに必要とされる免許一式を取得。サーフィン・サップ歴も10年以上。

リバー・アクティビティ 丸森 の運営を担当しているNPO法人海族DMCの代表でもあり、無類のマリンスポーツ好き。丸森町の㈱侍と、亘理町のNPO法人海族DMCが連携し、山と海を線で結び、国内と海外(インバウンド)のお客様に観光とアクティビティを提供する。被災した地域の震災復興を促進し、交流人口拡大を目指したい。2011年3月11日の東日本大震災では津波により自宅が全壊。海外に駐在するも震災復興・地方創生を掲げ2015年に帰国し起業。㈱侍、NPO法人海族DMC他、数社の代表・理事・会長などを歴任する。